[日誌]6月7日『木星の日面通過』

本日は、通し前の最終稽古。

合同稽古(6/2)のダメ出しの後、通しをしてみる。(29:40)

いつもより1分長い。

 

会話のブロック毎に『間』を空けて、会話はキュッと、

後半を中心に、細かく詰めていく。

日常会話のように、1つ1つを丁寧に言わずに、捨てて良いセリフは捨てる意識。

二間瀬が1場の間でどう変化していくのか。が見所。

最後に通しをする。(28:40)

タイムはいつも通りに戻り、内容はより濃くなって

話の構成が見えやすくなった。